2018/03/30

イギリスの歴史を感じる街、ヨーク観光

1月の下旬に、主人の出張にくっついて、イギリスに行ってきました。まずはパサデナの時に知り合った友人夫妻がいるヨーク(York)。

イギリスの中東部という表現でいいんですかね。ロンドンから列車で2時間ちょっと。私たちはチューリッヒからマンチェスターまで飛行機で行って、そこから列車で2時間ほど。

それまではドイツ語ばかりだったので、イギリスに到着したとたん目に入ってくるものが読めるという安心感がミョーにありました。笑

ヨークに到着した時は雪交じりの雨でものすごく寒くて、その中、日曜の夕方ということもあってかタクシーが長蛇の列で、30分ほど並びました…。ホテルまでは10分もかからないくらい。ホテルはHotel 53というところで、部屋からはClifford's Towerを見ることができました。部屋も綺麗で、繁華街まで徒歩で5分ほどの便利な場所でした。

Clifford's Tower
 
タワーの中に入って、昇ることもできました。ヨーク市内を一望でき、眺めがとてもよかったです。ただ風が強くて寒かったです。

York Minster

今までで一番迫力のある教会だったと思います。イギリスの中でも規模が大きい教会だそうです。

York Castle Museum

イギリスの文化の歴史の展示を見ることができて楽しかったです。昔の街の様子が再現されていて、面白かったのがニオイも再現されていたとか。馬もいたし下水も整備されていなかったので、そういった生活のニオイ。そんな強烈ではなかったですが、わかりましたよ。

York Shambles
お店がひしめく通りで、昔ながらの建物が並びます。軒が出ているところは昔お肉屋さんで、お肉が日光に当たらないように工夫されていたとか。

ヨークはとても歴史を感じて素敵な街でした。城壁に囲まれている街で、城壁に登って散策することができますが、凍結で滑る危険があるとのことで閉鎖されていて、散策できず残念。

友人には3日間ともお付き合いしてもらってとっても助かりました!おうちにお邪魔してちびっこと一緒に遊んだり、カフェでランチしたり、観光したりと久しぶりの再会を楽しみました♪次にまた会えるのはいつかなー。

2018/03/28

帰国しています

約2ヶ月ぶりの更新です。もうとっくに帰国していて、チューリッヒに住んでいたのが夢に思えるくらいすぐ馴染みました。

マンションも3ヶ月間そのままにしていたおかげで、帰宅して普通に暮らし始めることができました。水回りにある穴という穴に全てラップをして水が蒸発しないようかつニオイが充満しないようにしたのと、冬季というのもあったので、部屋のニオイなども気にならず、特にトラブルもなかったようで本当によかったです。電気も切らずに出かけていきました(冷蔵庫以外のコンセントを全て抜いて、浴室の換気だけつけていった)。

チューリッヒに滞在している時に、仙台市水道局から連絡があり、長期間水道の使用がないとのことで何かあったのか心配してくださったようですが、水道もそのままにしてしまったのでご心配をおかけしてしまいました…。こうやってチェックして連絡くださるんですね。

そして、まだ仕事も始めていないので、ブログでもと思っていたのですが、前回のエントリーの直後に主人の仕事でイギリスに行った後に、海外ドラマ「デスパレートな妻たち」にドハマりしてしまい、2月上旬からひたすら、本当にひたすら観続ける日々を送っていました。字幕を読みながらなので、ブログを更新しながらのながら観はできず、帰国してからもずっと観続けて、2ヶ月弱で8シーズン180話全てを観終えるころができました。

このドラマ、ずっと前から観たかったのですが、長いのでなかなかその気になれず、チューリッヒ滞在がいい機会かなと思ってこの2ヶ月特に予定がない日は取り憑かれたように観ていました。笑

ありえないことがたくさん起きるドラマでしたが、とっても面白かったです。最後はこんなに感動するとは思わなくて、しばらく余韻に浸っていました。今度は英字幕でチャレンジしたいと思いつつ、他にも観たいドラマもあるし、いつになるかなー。

来月から仕事が始まるので、また更新できるかわからないのですが、せっかくの記録なので少しずつでも残して行けたらと思っています。2012年以来、6年ぶりのフルタイムでの仕事に身体がついていくか心配ですが、早く慣れるように頑張りたいと思います!

2018/01/21

Co Chin Chinでフォー@Zurich

前に食事をしたスイス人夫妻が美味しい店をリストアップしてくれていたのですが、それに入っていたベトナム料理のお店「Co Chin Chin」。Zurich Westと呼ばれるエリアにあります。

予約をしないで行ったのですが、17時過ぎととても早く行ったせいか、出なければいけない時間は決まっていたものの、かなり余裕があり、幸い入ることができました。

ベトナムの地図のマット。

お店は広い作りですがとてもシンプルで素敵です。オーダーしたのは生春巻きと鶏肉のフォー。主人は牛肉のフォー。

生春巻きは、もうちょっとあるのかなと思ったのですが、意外と少な目。笑 シェアしたのですが、これはきっと一人一皿で頼むべき量でしたね。

フォーは安定の美味しさ。とても優しい味です。

18時を過ぎた頃から予約客がどんどん入ってきて、いつの間にか満席。予約をしていないお客さんもチラホラ待っている様子でした。本当に人気のあるお店なんですねー。お店の人も感じがよかったです。

ただやっぱりスイスは値段がかわいくなくて、ビール1杯ずつ飲んだものの、これがアメリカだったら2人で4000円も行かないと思いますが、このお店はだいたい8000円くらいでした…円換算してはいけないと思いつつ、つい計算しちゃいますよねー。


にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

2018/01/20

Zeughauskellerでチューリッヒ名物@Zurich

一度食べてみたかったチューリッヒ名物「子牛の薄切り肉のマッシュルームクリームソース煮」(Geschnetzeltes ゲシュネッツェルテス)。「Zeughauskeller」は観光客が多いお店で、地元の人は果たして行くのかなと思いましたが、人気のあるお店なので行ってみることに。

予約なしで行ってみて、かなりのお客さんで賑わっていましたが、広いのと、たまたま待ってた人がいなかったのとで5分も待たずに案内してもらえました。

担当のウェイターさんが「どこから来たの?」って聞いたので日本だと答えると、日本語のメニューをくれました。海外の日本語翻訳あるあるでかなりシュールなメニューもありましたが、食べるのは決まっていたので、上記の子牛の薄切り肉のマッシュルームクリームソース煮をオーダー。主人はウィーン風のシュニッツェル。
衝突とか光っているワインって何!笑 なぜか訳されてないとこもあるし。

あまり待たずに出てきましたよ。かなりのボリューム。これまた名物のレシュティ(じゃがいもの細切りを焼いたの、ハッシュドポテト)も添えてあります。添えてるレベルじゃないですよね。むしろメインみたい。
主人のシュニッツェルもかなりの大きさ!

これは美味しい!まったくクセがなく、まろやかなクリーム煮。レシュティと合います!レシュティもカリカリほくほくで美味しい~♪チーズフォンデュはしばらくいいかなと思いましたが、これだったらまた食べたいなと思います。

昔は兵器庫として使用されていた建物のようです。大砲が飾られているのはその影響?店内は天井が高くて開放感がありますが、相席が当たり前で、普通に長いテーブルに何組のものお客さんが座ります。落ち着いた雰囲気ではないです。でも、ビアホールみたいな感じでガヤガヤしていて楽しく食べる感じです。

4人以上で行けば大きなグラスにお酒を注いで火をつけたり、大きなソーセージに刀が刺さっているというパフォーマンス的なメニューもオーダーできて楽しめると思います。


にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

2018/01/19

ゴミ事情 in Zurich

その土地その土地のゴミ事情って結構ナーバスになりますよね。アメリカの時に住んでいたアパートなんてビンでもカンでも何でも(さすがに電池は違ったけど)一緒の袋に入れてダストシュートにポーイでしたから。モラルの低い住民が階下に住んでいると、とんでもないものをダストシュートに放り込んで詰まらせて(段ボールをたたんで入れたはいいけど、中で広がって引っかかった等…)上の人が捨てられなくなるということもありました。笑

仙台は結構細かくてゴミ袋も購入しなきゃいけなくて、最初はストレスでした。でも慣れればこういうもんかなって感じです。

そしてチューリッヒ。チューリッヒ在住の方、また以前住んでいた方のブログを探しまくってチェックしたら、普通ゴミには「Züri-Sack(チューリザック)」なるものを購入するとか。

Züri-Sackはスーパーで購入できるのですが、売り場にはなく、レジの方に「Züri-Sackをください」と言わなければいけません。サイズもいくつか?あるらしく、たまたまアパートに1枚残っていたので、その写真を撮って「このZüri-Sackください」と写真を見せながら言ったらすんなりいきました。
10枚がラップのように丸まっているので、点線でちぎって使います。これ、10枚で20フランほど。日本円だと2300円くらい?仙台で普段使っている同じくらいの容量のは確か10枚入り270円だったと思うのだけど。高い!!仙台では(というか日本では)普通ゴミの日が決まっているので、あまり袋がパンパンじゃなくても出してしまいますが、さすがに1枚230円と思うと、いつでも出せるというのもあるけどパンパンになるまで使いますよね。笑

私が住んでいる地区は木曜にこのZüri-Sackが回収されます。隣のアパートのこのグレーの大きなゴミ箱に木曜の朝までに入れればいいらしいです。いつでも出せるというのはストレスフリーですね。

まだよくわかってない時にちょうど隣のマダムにお会いして、初めましてのご挨拶ついでにゴミについて聞いたら、色々教えてくれました。ポストに入っていたゴミについての案内を例のアプリを使って読む限り、どうやら生ゴミも別に回収されるとか?でも専用袋も見つけられないし、専用のゴミ箱も見当たらない。その旨をマダムに聞いたら「それはZüri-Sackに入れちゃえばいいのよ」と。

次はペットボトル。スーパー(私がよく行くのはMIGROS)に回収場所があるのは知っていたんだけど、どうしても見つけられない。笑 これもマダムに聞いたら丁寧に場所を教えてくれた。あそこか…ということで、翌日無事に溜まりに溜まったペットボトルを捨てに行くことができました。

あとは、ビンやカンは、近所のエコステーションに捨てに行きます。色んなところにこのようにエコステーションがあります。言葉はわからないですが、色と想像理解で、透明のビンだな、緑のビンだな、カンね、と捨ててます。

ひとつ、いまだにわからないエコステーションのボックスがあります。あまり関係なさそうなのでもういいかなと思ってます。リサイクルっぽいんですけどね。紙袋とかがはみ出てる時があるので、紙袋なのかな…

前に日本大好きスイス人夫婦と食事した時に「日本てゴミの捨て方厳しいよねー」と言われたので「え?ちょっとまって、チューリッヒもたいがい厳しいじゃない」と言ったら「そう?ほんとはやらなきゃいけないんだろうけど、面倒だし全部Züri-Sackに捨てちゃってるよー笑」と…特にペナルティはないそう。あの神経質までな心配は何だったんだろうと思うひとこまでした。もっと早くこの言葉を聞きたかった。笑

もういつでも出していいというのがわかったので、あまり活用してないのですが、以前住んでいた方のブログで紹介されていた「Sauberes Zürich」というアプリをインストールして、自分の地区の郵便番号を登録すれば、何のゴミの日かお知らせしてくれるので、一軒家など、ゴミ箱を道路に出さなきゃいけない人とかは便利だと思いました。


にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

2018/01/18

ドイツ語との闘い

スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つで、チューリッヒはドイツ語圏にあたります。

スイスのことを調べ出すまで知らなかったのですが、純粋にドイツ語ではなく、スイスでのドイツ語会話はスイスドイツ語で会話と言われているそうです。普通にドイツ語を話すのとは違うらしいです。

ただ、スイスの人たちは、英語も話せる人がほとんどなので、何か用事がある時は英語で話しかけたら通じます。そこはだいぶん助かっていますが、表記は全てドイツ語で、アパートの備品チェックリストを見たときもちんぷんかんぷんでした。

事前に少し知識は入れておいたのですが、そんなの生活に役立つはずもなく。スーパーの商品表記もドイツ語、フランス語、イタリア語です。英語があれば見当つくのに「何なのこれ!」っていうのがほとんどです。笑 

そんな時に役に立つのがMicrosoft翻訳のアプリです。これは、テキスト入力、写真、音声を翻訳してくれます。

かなり豊富な言語が用意されていますが、頻繁に使う言語を事前にダウンロードしておけば、オフラインの時も使えて便利です。私はドイツ語、英語、日本語をダウンロードしておきました。容量を食ってしまうので、これ以上はダウンロードしたくなかったのです。

わからないドイツ語を入力して、訳したい言語(英語や日本語)を選択すればすぐに翻訳してくれます。
主人曰く、日本語より英語に設定した方が意味がわかりやすいと。確かに、たまに???という日本語訳が出てきますが、英語にすると納得する時があります。

カメラの場合は、分からないドイツ語に合わせてシャッターを押せば、翻訳してくれます。とても便利です。

話は変わって大晦日はお蕎麦の乾麺は買ってあったので、鴨なんばんでも食べたいねと言って、スーパーに鴨を買いに出かけました。鴨らしき肉を見つけたのですが、よりによって表記がフランス語。オフラインだとフランス語使えないしなーと、とりあえずジャケ買いをして、家に戻って調べたら、なんとウズラの肉でした!えー!

ということで、年末は人生初のウズラ蕎麦を食べたという…。まぁ味は鴨っぽくて美味しかったですよ。

ドイツ語との闘いはもうしばらく続きそうです。


にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

2018/01/17

Munichのお土産

ミュンヘンに行ったらぜひ欲しいと思っていたもの。Starbucksのマグカップです。アメリカにいた時にYou are here collectionに気づいたのがもうかなり後半。集められるものだけ集めましたが、もっと集められたよね…と後悔。そこで、今後行くところは、忘れずにゲットしようと。

今回のミュンヘンバージョンも忘れずにゲット。ミュンヘン中央駅には、ドイツ色んな都市(フランクフルト、ハンブルク、ベルリン、デュッセルドルフ等)のも揃っていて、つい手を出したくなりましたが、主人が「行ってないとこのをゲットするのはずるい」と言いまして…まぁ、確かに行ったところのを思い出に持っているべきですね。はい。
ソーセージとか、プレッツェルとかビールの名物もしっかり描いてあってかわいい♡
大事に割らないように持って帰ります。

あとは、雑貨屋さんで買ったプレッツェルのマグネットと、クリスマスマーケットで買ったくるみ割り人形のオーナメント。

そして、帰宅してから前のエントリーでも書いた「クロイツカム(Kreutzkamm)」のバウムクーヘンをいただきました。

日本のバウムクーヘンは、とってもしっとりしていてやわらかくて美味しいのですが、これはずっしりしていて素朴な味わいです。これはこれでとても美味しくいただきました。老舗で歴史あるお菓子屋さんだそうです。店内も賑わっていました。

意外と賞味期限が長かったので、チューリッヒ滞在後半だったら、日本へのお土産に買えたのになーと思いました。



にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ